青穂塾幼児教室 中学入試を目指す幼児のために

記録

■ 幼児(2・3・4歳児)を受付中です。

★2017年12月4日、珍しい虫が珍しい状態で塾に持ち込まれました。

ある生徒の家の庭で、庭師さんがこんなものを発見されました。


「モズのはやにえ」と思われますが、庭師さんによるとヒヨドリもこんなことをするそうです。
なぜ鳥がこんなことをするのかよくわからないそうですが、
1.餌を枝に刺して保存する。 2.餌を枝に刺して固定し、それを引き裂いて食べる。
などの説があるそうです。



一瞬テントウムシの仲間かと思いましたが、調べてみるとオオキンカメムシという、カメムシの仲間でした。



写真を見ていただくとお分かりいただけるかと思いますが、オレンジ色とピンク色と黒色で、たいへん美しい色の虫です。 ネット情報によると、マニアの間ではけっこう人気があるそうです。


こんな姿にされてしまったオオキンカメムシはかわいそうですが、、自然界の厳しさを改めて感じました。