青穂塾幼児教室 中学入試を目指す幼児のために

幼児教室

■ 幼児(2・3・4歳児)を受付中です。

幼児教室の特徴

青穂塾幼児教室は、幼・小・中一貫教育です。

青穂塾幼児教室の教育は、幼児・小学生・中学生と切れ目なく続いているため、10年前後在籍する生徒が多くいます。 そのなかで青穂塾幼児教室の教育がその生徒にどんな効果を与えているのか検証し、青穂塾幼児教室の授業を絶えず改良しています。

青穂塾幼児教室は分析力、思考力、発想力のある若者を育てることを目標にしています。 青穂塾幼児教室は、ただ単に合格さえすればいい、成績が上がりさえすればいいという考え方の塾ではありません。 社会に出て社会のために貢献できる若者を育てるのが使命だと考えています。

青穂塾幼児教室は個人の能力に合わせます。 青穂塾幼児教室は1対1の個人指導ではありませんが、個人差の出やすい部分は、個人の能力に合わせて進みます。

青穂塾幼児教室はテレビゲームを禁止しています。

青穂塾幼児教室

幼児教室の授業

★ 絵本を楽しむ心、国語の力(2学年上の実力)

幼児期は国語力が飛躍的に発達する時期です。 質の高いお話を読み聞かせる事により、親子の精神的な絆を強めるだけでなく、子どもたちの豊かな感受性、表現力、想像力を育み、小学生低学年の基礎を作ります。 青穂塾幼児教室では精選された絵本を使って、絵本を楽しむ心を育て、国語力の発達に結び付ける指導をしています。

★ 分析する力、考える力、創造する力(レベルの高い実験・工作を楽しむ)

幼児の場合いろいろな物を組み立てたり、分解したり、試行錯誤することによって分析力、思考力が発達します。 この試行錯誤が大切です。青穂塾幼児教室では、いろいろな作業・実験をしながら試行錯誤を大切にする指導をしています。

★ 子どもをテレビゲームから守ろう!(テレビゲームに頼らない生活習慣)

テレビゲームに熱中する幼児は、集中力が持続しない傾向があります。 また、バーチャル(仮想現実)の世界に飲み込まれてしまうと、現実の世界にうまく対応できなくなる可能性があります。そのため青穂塾幼児教室では、テレビゲーム類を禁止しています。 青穂塾幼児教室でもこの問題に真剣に取り組んでいます。

★ 自然を見る目、社会を見る目(仮想現実に飲み込まれないために)

幼児期の子どもにとって大切な事は、本物を見せる事です。その為に青穂塾幼児教室では教室の外に積極的に出ています。 毎日の生活で見逃している植物や昆虫の観察の他、採取した生物の飼育・観察指導などもしています。

★ ひらがな・カタカナよりも指の動き(指先が大脳を鍛える)

青穂塾幼児教室ではひらがな・カタカナを覚える事に必死なるのでなく、大人になって指の動きが悪く、くせ字、悪筆で悩まないように鉛筆を持てること、指を動かすことに力を入れています。

★ 個別指導で低料金(一人一人を確実に)

青穂塾幼児教室は、幼児の行動のすみずみまで目を行き届かせる、個別指導です。

幼児教室のモットー