青穂塾幼児教室 中学入試を目指す幼児のために

記録

■ 幼児(2・3・4歳児)を受付中です。

★2010年7月21日 前足を片方だけ出して死んでいるオタマジャクシを見つけました。

ご存じの方も多いと思いますが、オタマジャクシの後ろ足は少しずつ大きくなるのにたいして、 前足は体の中である程度大きくなって、ある日突然体の外に出てきます。


大きな穴から前足がでていますが、呼吸口(こきゅうこう)といって、オタマジャクシが口から吸い込んだ水を吐き出す穴です。(魚とは仕組みが違います。)呼吸口は体の側面に1つしかありませんので、呼吸口のある側の前足がまず出てきます。穴の奥に見えているのはエラでしょうか。


呼吸口のない側の前足は皮膚を破って出てくる必要があるので、少し遅れて出てきます。よく見ると成長した前足のために皮膚が少し盛り上がっているのがわかります。

料金割引など詳しい情報を郵送いたします。
「お問い合わせ」からご請求ください。